top of page
検索
  • aone1sportsmassage

腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)



腰椎椎間板ヘルニアとは?

そもそもヘルニアとは、何なのか?


ヘルニアとは、体内にある臓器が本来の場所から脱出してしまった状態のことです。


椎間板(背骨の間にあるクッション材)でおこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。

椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。




腰椎(背骨の腰の部分)の椎間板で起こったものを腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。


男女比は男性の方が多く、年齢だと20代から40代が一番多く、次いで10代と50代に多くみれられる。

腰椎は第1から第5まで5つが存在しますが腰椎椎間板ヘルニアの大部分は、構造上負担のかかりやすい第4腰椎と第5腰椎の間、また第5腰椎と仙骨の間で起こります。



腰椎椎間板ヘルニアの症状とは?

腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、腰痛をはじめ、お尻や足の痛みやシビレ、足が上手く動かしにくくなる(運動麻痺)、触られた感覚が鈍くなる(感覚麻痺)などが起こります。


飛び出た椎間板が神経を圧迫することで腰、足に痛みやシビレが出ます。

症状は圧迫されている場所や圧迫度合いによって個人差があります。



腰椎椎間板ヘルニアの原因とは?

日々の生活の中で腰(椎間板)への負担が積み重なり発症します。

長時間の車の運転や中腰での作業、重いものを持つなど、腰に負担のかかりやすい生活を送っている人ほど腰椎疾患を発症しやすいです。


普段の姿勢のとても影響があります。


特に男性の場合、職業ドライバーや金属・機械業就労者はホワイトカラーの就労者に比べ、約3倍腰椎椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。



姿勢と椎間板との関係は?

下の図は、姿勢と椎間板へのストレスを表した表になります。


立っている状態を「100」とすると

寝ている状態は椎間板圧は少なくなり、中腰姿勢や座っている状態の方が椎間板圧は大きくなります。


驚くことは立っているよりも座っている方が、椎間板へのストレスは多いことです






腰椎椎間板ヘルニアになったら?

腰の痛みや足の痛み、シビレが強い方はまずは安静にして下さい。

症状が軽減してきたり、落ち着いてきている場合には普段通りの日常生活を送って下さい。


腰の痛みや足の痛み、シビレ症状が出て、動ける方は医療機関(整形外科)や当院を受診して下さい。当院では家から動けない場合は出張治療も行なっているので、まずは相談して下さい。




腰椎椎間板ヘルニアの改善方法、予防策は?
  • 姿勢を改善する(いい姿勢をとる)

  • 腹筋を鍛える

  • 骨盤の動きを出す

  • 股関節を柔らかくする(可動域を広げる)

  • 胸椎(背中)を柔らかくする


骨盤前傾(骨盤を前に倒す)誘導する
  • お尻のストレッチ 

  • もも裏(ハムストリングス)ストレッチ 

  • 骨盤を前に倒す 

  • 座って前屈

  • 片膝立ちで前屈

  • ルーマニアンデッドリフト (ヒップヒンジ)









閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page